神指城(高瀬の大木) | 会津若松の史跡・博物館・観光情報検索 Aizu360.info

神指城(直江兼続ゆかりの地・高瀬の大木)
直江兼続ゆかりの地、会津若松神指城の観光情報・史跡検索 アクセスと駐車場案内

神指城(直江兼続ゆかりの地・高瀬の大木)のカテゴリ
神指城(直江兼続ゆかりの地・高瀬の大木)の概要

神指城(こうざしじょう)は上杉景勝が、直江兼続に築城を命じた城です。
突貫工事により土塁や石垣が完成しましたが、徳川家康の会津攻めのため工事は中断されました。
現在では、本丸と二ノ丸跡の土塁の部分が残っていますが、ほとんどは埋め立てられ水田となっています。

二ノ丸跡にはケヤキの大木が歴史を見守っています。

posted by admin

神指城(直江兼続ゆかりの地・高瀬の大木)の詳細
 入場料金
  無料

 営業時間
  

 駐車場案内
  ご当地情報!(無料)二の丸西側に無料駐車場が整備されました

神指城(直江兼続ゆかりの地・高瀬の大木)のアクセスマップ
住所:
神指城(直江兼続ゆかりの地・高瀬の大木)の関連リンク

  • 七日町通り